アステロイドデイ


毎年6月30日は、「アステロイドデイ」

正式名称は、「International Asteroid Day(国際小惑星の日)」。

地球と軌道が交差し、将来衝突の危険性が
ある小惑星や天体などを監視することの重要性を
啓発するための、世界的なキャンペーンとして
制定されました。

1908年6月30日、現在のロシア
「ツングースカ川」の上流付近で
巨大な隕石が落下し
大爆発を起こしたことに
由来するそうです。

日本では、お隣の岡山県の
美星スペースガードセンター」では
スタッフの皆さんが交代で
地球に近づいてくる可能性のある
小惑星や天体を見つけるべく、
観測・監視を続けておられます。

他の観測所でも、観測されているとか…。


小惑星など、何らかの天体と衝突…
巨大隕石の落下…なども
頻度は少ないかもしれないけれど
地震や火山の噴火などと同様の
いわば、規模の大きな「自然災害」。

映画になったりもしていますが、
地球上のみんなで、協力して
研究や観測を進めて
対策を講じておくことが大事ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!