時は…

新年、いきなりの雪模様で始まった
広島市沿岸部。

案外、正月は穏やかなことが多いのですが
今年は、雪のお正月休みで始まりましたが

その2022年も、はたと気が付くと、
もう、1月も終わり。

しかも、最後の日曜日である今日は
今年初の宇宙アカデミーの日だったのですが

残念ながら、このところの感染症流行状況や
広島県内のアナウンスや
それによる保護者の皆さんの立場などを鑑み
延期に…。


そこで急遽、今年度会員の皆さんによる
オンライン交流会を開催させていただきました。

少しの時間でしたが、年明けからの様子や
今年の目標などをお聴きして
私もますます、テンションUP!

私も頑張ろう♪

ご参加の皆さん、ありがとうございます。

私にお手伝いできそうなことがあれば
いつでもお声かけください!


また、講師の呉市かまがり天体観測館 館長
山根弘也さんにも、ご参加いただいて、

子どもたちのお話を聞いていただいたり
お勧めの科学本など、教えていただきました。


子どもたちからは、
大型書店の「宇宙」コーナーが
なくなったという声も…

残念…

書店や図書館は、子どもたちが良い本と出合う場所。

それは、誰かの「生き方」、人生の先輩との出会いでもあります。

そして何より、自分が興味のあることを
探求するための情報の場所。


「宇宙」関連の本は、たくさん出版されていますが

なかなか地元の書店では、購入されない、

ネット書店の勢いには、勝てない…ということでしょうか?


ちょっぴり、考えさせられてしまいました。



何はともあれ、12か月分の1か月が終了。

冬至から比べて、気温は低いですが
昼間の長さや太陽の沈む時間も変化していて

地球がどれだけ動いたか…
その時の長さと距離を感じさせられます。

そんな計算に取り組む小中学生たちを
もう少しで、送り出すことに…!!

彼らが、当アカデミーで学び、
体験し、計算に挑戦してきたことを

これからの学生生活や、その先の未来での
基礎にしていただけたらと願うばかりです。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ記事