子どもの頃の「夢」

先日、こちらの記事で、10歳前後の子どもたちに
憧れや、生き方のお手本となる人との出会いを


と書きましたが、

読者の皆さんご自身は、いかがでしょう?


10歳の頃の「憧れの人」は、誰だったでしょう?

夢中になって読んだ「伝記」などは、ありましたか?


それは、一体、どんな方だったのでしょう?


あなたにとって、そのことは
どんな意味があったと思われますか?


あなたがここまで大切にして来られた「信念」や
人生の価値感などと、何か、関わりがありそうでしょうか?


私にも、とても納得のエピソードがありますが
それは、またどこかでお会いすることがあれば
語り合いましょう!


さて、2020年12月に無事、小惑星リュウグウの
サンプルを相模原に持ち帰った
「はやぶさ2」プロジェクトのメンバーの皆さんも

テレビ番組の企画で、子どもの頃の
「宇宙との出合い」
について語っておられます。


きっと、この記事を読んでくださっている皆さんの
子どもたちも、彼・彼女たちの子ども時代と同じように

宇宙への夢をアツく語っておられるかもしれません。


こうして、実際に宇宙の仕事をされている方たちのお話は
そんな子どもたちの語る夢は、案外、実現可能な「目標」
なのかもしれませんね!!

子どもたちが語る夢や言葉を、
大切に育んでいきたいですね!!


テレビ東京
大人の社会見学:「宇宙の仕事をしたい君へ」前編



テレビ東京
大人の社会見学:「宇宙の仕事をしたい君へ」後編



そして、当アカデミーでの「プロとの出会い」
ぜひ、ご活用ください!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!