チョコレート・チャレンジ!!

店頭には、大量のチョコレートが並ぶ時期。

今や、バレンタインデーは、
幼稚園・保育園の子どもたちも
注目の行事となり、

それも、友達同士で贈り合うという
文化が浸透していて…

いや~、チョコレート業界の思惑通り…
なんて、つい思ってしまいますが


みんなで楽しむのも、また
ひとつの想い出でもありますので…


折角なら、これを、ひとつの「学びと体験の機会」に
活かそうではありませんか…!?

ご提案したいのは、「チョコレートづくり」!!



子どもたちにも身近なチョコレートは
一体、どこで、何から、どう作られているのか?

愉しみながら、知ることができるキットを
ご紹介します。


それが…

京都の「Dari K(ダリ ケー)」さんの
チョコレートづくりキット


創業者は、金融関係のアナリストからの転身で、
インドネシア」で原料の栽培、
そして日本での製造・販売に
取り組んでおられます。



チョコレートの原料が、「カカオ」というのは、
皆さん、ご存知でしょう!


どんな形をしているのか、
どこに成るのか、
どのように栽培されているのか、

案外、ご存知ない方も多いかもしれません。

知っていても、実際に見たことがある方は
更に、少ないかも…

実は、広島市立植物公園の温室に、
「カカオ」の木があります。

毎年この時期、チョコレート関連の
展示イベントも、実施されるのですが…

2021年2月7日までは、休園ということで、
以降、開放されたら、ぜひ
見学に行ってみてくださいね!!

現在、カカオの実がなっているということで
ブログに紹介されています。
こちらを、ご覧ください!!



Dari K さんのキットでは、「カカオ豆」から
チョコレートを作る体験ができます。

価格は、2021年2月現在 2,000円(税抜き・送料別)

YouTubeには、作り方の動画を公開されています。


同封されているブックレットや、WEBサイト上では、
原料の栽培から製品化・販売の過程で、
大きな「社会的課題」が長年存在していることを
知ることができます。


また、なぜ栽培を「インドネシア」で…!?


カカオといえば、「産地として有名な国」
(商品名にもなっている国)がありますが、

実は、インドネシアは、その国と共通することが
背景にあるのです…。
ぜひ、「地球儀」で調べてみましょう!!

そこには、「カカオベルト」と呼ばれる
地域があるのです…。


という訳で、チョコレートが一年で最も消費される
この時期に、おススメの「チャレンジ」。

お時間あれば、ぜひ!!

そして、チョコレートができたら、
ぜひ、レポートしてくださいね!!

皆さんのお便り、お待ちしています♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!