BLOG TOPIC

2019年ノーベル化学賞

少し前のことになりますが…
2019年10月9日、前日の物理学賞に続いて
ノーベル化学賞 受賞者が発表されました。

今年の受賞者は、「リチウム電池」の開発者である
大手化学メーカー「旭化成」名誉フェロー 吉野彰さん、
アメリカ・テキサス大学教授 ジョン・グッドイナフさん、
アメリカ・ニューヨーク州立大学 スタンリー・ウィッティンガムさん。


ウィッティンガムさんが、その理論を論文発表し
グッドイナフさんが、日本人の
水島公一さん(東芝エグゼクティブフェロー)の協力で
その電極にふさわしい材料を発見し
電池としての概要を論文発表。

そして、吉野さんが、その原型を作ったのだそうです。

研究開発のストーリーが
分かりやすく、こちらにまとめてありますので
興味のある方は、チェックしてみてください!
(参考:東京新聞 2019年10月17日朝刊
 ノーベル化学賞、リチウムイオン電池 日本人研究者が開拓)


吉野さんの会見の様子は、たくさん報道されていますので
昨年、「日本国際賞」を受賞された際に
リチウムイオン電池について、お話されている
講演の動画を、こちらにご紹介します。


リチウムイオン電池は、
私たちが使う携帯電話やスマートフォン、
ノートパソコンやデジタルカメラなどの
モバイル機器に必須。

他に、電気自動車や電気自転車のほか
太陽光で発電した電気を蓄電するためにも使われます。


また、私たち宇宙を学ぶものとても馴染みのある
「ISS 国際宇宙ステーション」を始め
「人工衛星」や「補給船こうのとり」などにも
使われています。

ISS 国際宇宙ステーションの模型


吉野さんは、「リチウムイオン電池」が
今後の環境問題に大きく寄与できる と仰います。

それは、再生可能エネルギーを
リチウムイオン電池が蓄電することで
これまでの電気利用のシステムとは
別の形態のシステム体系が構築できることを意味します。

愉しみですね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ