太陽系外からの訪問者

太陽系の外からやって来た「ボリソフ彗星」

私たちにとって、太陽は特別な星!!
その光で、私たちが生きるために、
快適な明るさや温度、エネルギーを与えてくれます。

その太陽の周りを回っている仲間たちを
太陽系と呼んでいますね。

太陽系の惑星といえば、ご存知
水金地火木土天海‥

その遥か遠く、太陽系の外からやって来た
天体が、少し前に話題になりました。

その名も、 「オウムアムア (ʻOumuamua )」

ハワイ語で、 遠方からの初めての使者」という意味だとか…。
まさに!!ですね。

この天体は、2017年10月に、ハワイの天文台で発見。
その軌道やスピードから、
「太陽系外」からやって来た「恒星間天体」と判明。

※長細い天体の画像はイメージ図です。

この時、天文学者の皆さんは
次に同様の「恒星間天体」がやって来るのを
愉しみにしていると、仰っていました。


その、次なる訪問者が、今、近づいて来ているそうです。

それが、「ボリソフ彗星」

発見された方のお名前から命名されたそうです。

時速15万Km というスピードで接近中で、
12月に太陽や地球に最接近、
その際の太陽や地球からの距離は、2AU(天文単位)。
(1AU=太陽から地球までの距離)

これから徐々に、明るく見えてくることでしょう!

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたボリソフ彗星には、
尾が撮影されたそうです。


こうして、太陽系外からやって来る「天体」から
どんなことが解明されていくのか、
愉しみですね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!