「天文学」は、

「空」を観察して
「みえたもの」について
「研究」するところから

始まっています。

ですから、

「空」をみるための
「道具」を「開発」して

観察する「目」の
「種類」や「方法」を、
新たに創り出してきたことで

「空」から「宇宙」へと

みる範囲が、どんどん深まってきました。



現代の天文学では、他にも

●「電波」でみるための「アンテナ」や
●それを組み合わせてみる「方法」
●宇宙からみる「宇宙望遠鏡」
●「重力波」でみる「重力波望遠鏡」


などなど…
たくさんの「道具」や「手法」が
活用されています。




子ども宇宙アカデミーの
「ベーシック・コース」では、

その、もっとも身近な「道具」
「望遠鏡」を、手作りしますが…

望遠鏡で、
●いかに「みる」か、
●どこから「みる」か、
●どのようにして「みる」か、


「みたもの」を、
●どう感じるか、
●どう活かすか、

が、とても大切なこと、と思っています。

それは、「天文学」にとどまらず

世界で今、起きていることを、
どのようにみるか

背景や本質を知るための「目」を
養うことにも、活きてくるのでは…!?

と思っています。

呉市かまがり天体観測館の望遠鏡


それは、未来を描くヴィジョン、や
顧みてみる「Re-view」になったり…
することも、期待しつつ…


まずは、宇宙に親しみ、学び、考えながら
一緒に問いを追いかけていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ記事