• 日. 1月 23rd, 2022

保護者の方からのお便り

3月 2, 2021

宇宙アカデミーに参加して…第二弾!
今年度の宇宙アカデミー参加の保護者の方から
お便りメールをいただきました。

許可をいただいて、ご紹介させていただきます。


今年度は、例年にない開講スタイルになり、
大変な思いをされたと思います。
講座の延期を決断してくださり、
また、教室内の消毒など徹底していただき、
安心して参加することができました。
どうもありがとうございます。

宇宙アカデミーで自作した天体望遠鏡で、
火星や木星とその衛星、土星の環をみつけ
息子も大変喜んでおりました。

望遠鏡を手作り!

講義の中では、本などには書かれていないことにも
触れることができ、満足しているようです。


親としては、
「結果を知る、覚える」ということは、
時がくればできたり、わかったりすることなので、
あまり重要ではないかなと思っています。

それよりも、こんなことがありました。

講座で「太陽系自体もすごい勢いで回っている」と聞いて、
彼が、“ブルっときた!”と叫んだのです。

彼の心がとても動いた瞬間と感じました。

「太陽系が動いている」という「知識を得た」だけではなく
そのことに「彼の心が反応した」のだと思います。

こうした「心が動く瞬間」が
このアカデミーでは多々ありました。

これこそ、私が大変うれしく思うことです。


こんなこともありました。

ベテルギウス」という星は知っていても、
オリオン座」には全く興味を持っていなかったのですが

先日、夜の散歩をしているときに、

あれがベテルギウスで、こっちの明るいのがシリウス、
そしてプロキオンの三つで、冬の大三角形。

オリオン座がきれいにみえる


と教えてくれたのです。

一つの星に集中してしまっていた視野が
広がって来たと感じました。

そして、 ”初めて冬の大三角形を見つけた!

と言って、にんまりしていましたのです。

とても自信になったようです。

このような成長が見れたことは、
私たち両親にとってとても嬉しいことですし、
宇宙アカデミーが貴重な機会となったと思っています。


まだ、「呉市かまがり天体観測館」には
行ったことがないので、
来年度はぜひ足を運びたいと思っています。

また、この宇宙アカデミーを通じて
共通の話題が持てる知人ができるとよいなと思っています。


素敵なお便り、ありがとうございます!!

自宅でも積極的に、ものづくりをしたり
本を読んだりと、宇宙を探求しているお子さん。

このまま、「宇宙」への興味や探求心を
上手に引き出してあげたいものですね!!


そう、なかなか、身近には「宇宙」の話題を
共有することができる人が、少ないかもしれませんが…

子ども宇宙アカデミーの、イベントなどに
繰り返し参加していただくことで
学区は違えど、思いを共有できる人が
増えていくと良いですね!!

2年、3年と長期に渡ってイベントなどに参加されたり
アドバンスへと進まれている方たちは、
徐々に、顔見知りになって、
お互い情報交換をしたり、一緒に講演会などに
出かけられたりしておられます。


今年度は、懇談会のようなこともできませんでしたし、
そもそも、敢えて、道具を共有できるように‥
ということも、できなかったので…

何とか2021年度は、互いに対話できる、
そんな取り組みを進めていけたらと思いますので
またぜひ、ご活用いただいて
共に歩む仲間を見つけ、互いに研鑽して
いただけたらと思います。



カリキュラムは、残すところあと少し…
最後まで頑張って修了しましょう!!

そして、修了後も、力を伸ばせるよう、
心より、応援しています!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!