「宇宙」×「ロボット」

宇宙では、「ロボット」が大活躍!!

物資補給船の「こうのとり(HTV)」が
国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングする際

ロボットアーム」が、「こうのとり」を
キャッチするのは、良く知られていますね!!

こちらは、最後の「こうのとり」9号機が
2020年5月に、国際宇宙ステーションに
ドッキングした時の映像。

見事ですね!!


他にも、宇宙ではたくさんの「ロボット」が
大活躍です!!

「宇宙ロボット」というよりも
それぞれ固有の名前が付けられて
親しまれているものも多いですが…

「宇宙ロボット」って、どんなものがあるのか、

「宇宙飛行士」の仕事とは?

「地球」上のロボットとの違いについて


長年、宇宙ロボットの研究開発をされていた
技術者の岩田敏彰さんに
オンラインでお話いただきます。

講師:岩田 敏彰さん 博士(工学)
   セカンドライフ・アクティベーションアカデミー会長

講師:岩田 敏彰さん 博士(工学)
   セカンドライフ・アクティベーションアカデミー会長

国の研究所である「産業技術総合研究所」で36年にわたり、「宇宙ロボット」の研究、準天頂衛星「みちびき」の時計合わせの研究、人工衛星による地球観測画像の利用の研究など宇宙技術に関する研究をされていました。
今年3月定年退職され、現在、定年退職者や転職・起業家向けに科学技術やオープンデータの利用をした手法を提案・指導されています。


オンライン会議ツール(zoom)で、お話伺います。


日時:2020年9月13日(日)13:30~15:00
会場:ご自宅のPC/タブレットなど
   「ZOOM」を利用します。

アカデミー会員・ニュースレター登録者は
  10組まで、 広島市中区立町 会場での
  聴講が可能です。
  会場の地図は、お申し込みフォーム下に掲載しています。

対象:宇宙開発に関心のある、小中高校生親子

参加費:

オンライン参加の場合 20組程度
 参加費:親子で1,000円 (会員 500円)
 
会場参加の場合 会員・ニュースレター購読者限定 10組程度
 参加費:親子で1,000円 (会員 500円)
 会場費:親子で1,000円 (会員 500円)

※尚、Q&Aは、会場優先になることがあります。ご了承ください。
※オンライン参加のために必要な通信費などの経費は、ご負担ください。


お申し込みは、こちら!!

宇宙ロボットの活躍、これからますます
顕著になることでしょう!!


ちなみに、最初の画像は、
地上の電話ロボット、RoBoHoN!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!