「考える力」が試される時…

3月8日(日)に実施を予定していました
太陽系探査スペシャル第二弾
「探査機はやぶさ2が
 小惑星リュウグウへ行って分かったこと
 地球へ帰って来て分かること」

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で
延期させていただくことになりました。

愉しみにしていた皆さま、本当にごめんなさい。
残念ですが、はやぶさ2の帰還は11月~12月
それまでに、また必ず、開催できるように頑張ります。
今、しばらくお待ちください!!
開催が決まり次第、ニュースレターにてお知らせします。
ご登録がまだの方は、この機会にぜひ!!


ところで、「新型コロナインフルエンザ感染症」の流行では
色々な「不安」も多くの人に「感染」してしまい
もの不足騒動へとつながってしまいましたね…。

ひとつは、マスク不足。

かつての感染症騒動時に入手していたマスク

これは、SARS流行初期に購入していたマスクなのですが
あの時は、ここまで騒ぎにならなかったような気も…

花粉症やPM2.5などのアレルギーで
マスクのニーズが増えたことも相まって
不足に拍車をかけているのでしょうか…?

実は、当分、眠っていたのですが
一昨年の豪雨災害後の泥かきで
防塵マスク替わりに、使ってしまいました…。


我が家は、満員電車に乗るのが夫のみで
今のところは、事足りているようですが
いざとなったら、洗って天日干しするかな…!?


マスクに続いて、忽然と店頭から消えてしまったこれ…。
きっかけは、デマだったそうで…

「マスク同様、紙もののトイレットペーパーなども
 品薄になる」とSNSなどで拡散されたとか…。

スーパーの福引でいただいた トイレットペーパーのストック

困りますよね、トイレットペーパーがないと…。
生きてる限り、排泄物は止められません。

けれど、今回の騒動、
冷静に考えれば、調べてみれば・・・

「マスク」の材料は、
「ガーゼ」の場合は、コットン(綿)
「不織布」の場合は、化学繊維(石油製品)

現在一般的な使い捨てタイプのマスクは
「不織布」、「化学繊維」です。

一方の「トイレットペーパー」は、「紙」製品。
原料は、木材パルプ、もしくは古紙。

そもそも、原料が全く違っていますね!

使い捨てマスクは、紙製品だと思っていた方が
一定数いらっしゃったようです。

よって、こうした連想になってしまったという訳です
マスク不足→ 紙の原料不足 → 他の「紙製品」不足

これは、「原料」について
「知る」ことで、「調べる」ことで
間違った「連想」をしなくてすみますね。


もしかしたら、SNSなどで見かけた情報を
「鵜呑み」にして、即、
買いに走った方もおられるかもしれません。

あるいは、分かっていても、なくなりそうだから
「念のため買っておこう!」という発想の方も
多かったかもしれません。

結果、お店の棚が空っぽになった画像が
たくさん投稿され、マスコミも大々的に報じ始めて
更に、火がついた…ということなのでしょうね。


ひとりひとりのちょっとした意識が
パニックを起こしました。
流血騒ぎもあったそうですね。


世の中にあふれている「情報」
流れている「情報」を
どのように受け止めて、行動するか

考えるとても良い機会になりました。

ぜひ、子どもたちとも、色々語り合って
考えていきたいものですね!

今後起こり得る災害時への、
大事な備えになることでしょう!


「子ども宇宙アカデミー」では、
「宇宙」大好きな子どもたちの
学びたい!という意欲に応えることも大事ですが、

「宇宙を学ぶ」ことを通して
「自分で考える」力を育む
ことを
最大の目的と考えています。

「デマ」かどうか、見抜く力は
「情報を扱う力」でもあります。

得た情報を一旦「自分で考え」、
「調べ」「判断する」こと。
それが、「行動」につながっていきます。

トイレットペーパー騒ぎに限らず
様々な場面で、自分で考え、行動する人に!!

「宇宙」というこの上ない「幅広い視野」で、
「様々な角度」から「見て」「考える」力を!!

それが、「子ども宇宙アカデミー」を
始めた一番の理由、なのです。

まずは、入門講座「宇宙へのとびら」
受講してみられませんか!?

3月29日(日)13:00~14:00 開講!!
詳しくは、こちらです!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!