仙台市天文台のプラネタリウム番組

2011年3月11日 東北大震災が発生
その日の夜、現地では
「怖いくらいの星」が見えたそうです。

広範囲に渡って大停電が発生して、街に灯りが消え
その明るさのために普段は見えていなかったたくさんの星が
見えた…。満天の星空


実は、この時、twitter上で、
―――
あまりに広範囲で建物が流され
停電で灯りもなくなって方角もよく分からない…
―――
との投稿を目にして、私はハッとしたのです。

―――
方角を知るための方法、理科で習いますが
果たして、実際の星空で見分けられるだろうか…???
―――

その思いが、今、こうして「子ども宇宙アカデミー」を
運営しているひとつの理由でもあります。

仙台市天文台の方が、その日の星空を再現しようと、
市民の方々にお話を聴いて番組をつくられたそうです。

そして、予想以上に多くの方が
震災後、星を見上げていらっしゃることが分かったとか…。

―――
お母さんは、星になった…と
子どもたちと一緒に、毎晩のように星を見上げるご家族…

孫・子を思って、空に語りかける老夫婦。

9日間、祖母とともに
津波に流された部屋に閉じ込められた少年は、
天井の裂け目から星空を見ていたそうです。

―――

星を見上げながら、その向こうに、
亡くなられたご家族や、あの日のことに
思いを寄せておられるのだとか…

こうした、震災時の星空と震災後の星空との
エピソードをまとめたプラネタリウム番組。

各地のプラネタリウムでも公開が始まったそうです。

仙台市天文台ホームページに、番組概要と上映館の紹介があります。
残念ながら、広島県内には、上映館がないようです…。


NHKでも、3月11日(月)22:25から
震災ドキュメンタリー「あの日の星空」 が放映されるとか…。


NHKの番組は、予告動画を拝見しましたが、
B.G.Mなどの演出で、より心が重くなるかも…。


昨年夏に広島で発生した、西日本豪雨災害では、
発生当日は、雨なので、星は見えませんでしたが…
その後、約4週間に渡って、晴天・猛暑が続き
丁度、大接近中の火星が、異様に赤く輝いて見えたのです。

それこそ「怖いくらい赤い…」と言っていた人も‥。

足元がこんなに変わっても、
空は変わらず美しい…と、しみじみ感じました。

だからこそ、過去の災害体験をした方たちも
こうして変わらぬ星空を見上げながら、
その中を生き抜いていかれたんだろうと
力にもなったのです。

星を見上げて、宇宙に思いを馳せることは
地上で起こる困難を、乗り越える力になってくれたら…
子ども宇宙アカデミーは、そんな願いを込めて運営していることを
改めて思い出させていただきました。

素敵な取り組みに、感謝申し上げます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!