フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡とは…

難しそうな名前ですよね…(^^;
私は、頻繁にお話をお聴きする機会があるので
だんだんと慣れてきたのですが…

2月24日(日)にお話いただく
広島大学名誉教授 大杉先生が開発に関わられ
現在も活躍中の宇宙望遠鏡

「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」とは…!?

どんなものか、ちょっぴりご紹介させていただきましょう!

「宇宙」で「ガンマ線」を観測

「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」は、
「高エネルギーのガンマ線」を発する天体の観測を目的として
2008年6月打ち上げ、8月から運用開始され
今も現役で活躍している望遠鏡です。

ハッブル宇宙望遠鏡と同様、人工衛星のように
宇宙から宇宙を観測しています。

「高エネルギーのガンマ線」を発する天体 とは…

「ブラックホール」や、「中性子星」「超新星残骸」
「ガンマ線バースト」と言われる現象
「ダークマター(暗黒物質)」「宇宙線」など…

近年は、「重力波」の検出に合わせて
その方向で起こっている現象を観測していることで
注目されています。


画像は、昨年のご講演の際、見せていただいた
フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡のポスター。

当時は、GLAST( Gamma-ray Large Area Space Telescope )と呼ばれていたそうです。


この宇宙望遠鏡の目でもある「ガンマ線センサー」を
大杉先生が設計し、日本のメーカーが開発されました。


「ゴジラ座」「富士山座」などを、NASAが発表

「ゴジラ座」や「富士山座」「アンシュタイン座」など
「ガンマ線宇宙望遠鏡」で観測した天体による「星座」を
2019年10月18日にNASAが発表した。

そんなニュースが話題になったのを、覚えておられますでしょうか?


「ガンマ線宇宙望遠鏡」の運用が始まって10年を記念してのこと。

この研究開発に貢献したメンバーの国を象徴するもので
星座を形作ったといいますから

日本由来の「ゴジラ座」や「富士山座」ができたのも

大杉先生始め、日本のチームの皆さんの
活躍のおかげ…ですね!

ニュースについて、詳しくは、こちら!

英語のサイトですが、ガンマ線検出天体による
全星座を、こちらで愉しむことができます。

この宇宙望遠鏡が打ち上げの様子が、こちら!

NASAで、大きな成果を出され
現在の広島大学宇宙科学センターの基礎をつくられた
大杉先生のお話、
大学教育についても良くご存知の方のお話、
この機会に、一緒にお聴きいただき
子育ての参考にしましょう!!

詳しくは、こちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!