12月の子ども宇宙アカデミー

2018年度の子ども宇宙アカデミーは、
7月豪雨の影響で2回延期になったため
カリキュラムが2か月遅れで進んでいますので

12月のアカデミーは、本来10月に受講していただく
内容でした。

テーマは、「太陽系」

講師は、呉市かまがり天体観測館 山根館長

宇宙の中では、地球と同じく
「太陽」の周りを公転している仲間たちについて

知っているようで、案外知らないことも多いなあ~
と改めて思う内容でした。


太陽系を始め宇宙については、
スタンダードな小学校教育で、
もっと詳しく取り上げても良いのでは…?
と思っているのですが…

小学校教育に関わる方には、
宇宙に詳しい方は、多くない…!?

実は、プログラミングよりも
「宇宙」を学んでおく方が
優先されるのでは…?

と思う今日この頃です。



私たちの暮らしは、実は宇宙と
非常に密接な関係にあることを
これまでじっくり学んできました。

いよいよ本丸!の「太陽系」
子どもたちも、よりお話に集中していたように見えました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!