2018年土砂災害と人工衛星

2018年7月6日(金)広島県をはじめ、
西日本各地に被害をもたらした豪雨災害

北海道や大阪などでも、地震や豪雨で
大きな災害が発生し、
今年の漢字として「災」が選ばれました。

実は、宇宙から観測した情報が
防災や減災に生きています。

気象情報は、気象衛星「ひまわり」から
データが届けられていますよね!

陸域観測技術衛星「だいち」によって
地面を観測したデータから、
被害状況などが地図として公開されています。

だいち2号による平成30年7月豪雨の観測結果について

また、地上を観測している人工衛星
陸域観測技術衛星「だいち」が観測したデータが
被害状況などが、リンク先に地図として公開されています。

だいち2号による平成30年7月豪雨の観測結果について


宇宙から見ると、地元からの情報が届かない状況にあっても
どこにどのような被害が起きているか
全体を把握することができますね!

宇宙開発の技術が、こうして日々の私たちの暮らしにも
密接に関わっていることを、改めて感じます!

こうした観測結果が、今後の防災や減災に

役立つことを願うばかりです!!

崩れた場所に、ブルーシートがかけられています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!