• 日. 1月 23rd, 2022

日常持ち歩く「防災用品」

12月 17, 2018 , ,

2018年夏 広島はもちろん、西日本広域で
豪雨に見舞われ、各地で被害をもたらしました。

代表のいとう自身も、避難、そして義理の実家が被災しましたが、
過去に受講した防災・減災講座の内容が活きたことから、
こちらでも少し、防災・減災のコツを、まとめておきたいと思います。

まずは、今すぐにでも備えたい防災・減災グッズをご紹介!

私も今、日常的に備えているものです。
バッグに、車に、入れておいておかれると良いかと思います!!

自分の車に乗る方は、車に!
助手席からも、運転席からもすぐ取れるように!!

まずは、こちら!


車から脱出するために…ResqMe

ResQMe レスキューミー  車用緊急脱出ツール キーホルダー式 ブラック

新品価格
¥1,560から
(2018/12/17 11:23時点)

夏の豪雨災害の際、
車で山道を上って帰宅していた親子さんが
前を走っていた車と一緒に
大量の土砂や水が流れてきて
自分の車も流され始め、やがて車に水が入って来たそうです。

ドアを開けようと思っても開かず、
あっという間に、頭まで水に浸かったとか。


幸い、車が何かにぶつかった拍子に
運転席のドアがちょっとだけ開いたので
必死で足で開けて、親子で逃げ出したそうです。

早速、マイカーに設置していたこちらをご紹介すると
絶対必要だ!買う!と仰っていました!!

その坂道の発災時の様子

まずは、いざという時、窓を割って脱出するためのツール。
シートベルトを切り、
サイドウィンドウを割って脱出するのです。

まさか、あの傾斜のきつい坂道、
しかもバスが通る大きな道路で
車ごと水に浸かるとは…

驚きですが、本当にあったことです!!

お母さんは、何とか子どもを助けたい一心で
必死でドアを開けるために頑張ったけど
もし、私一人だったら、ボーッとしていて
助からなかったかも…

と仰っていました…。

このグッズの実力は、動画でご覧いただけます!!

 使わないで済むに、こしたことはないですが
このご時世、マイカーはもちろん、商用車などにも必要では?と思います。


両手を使えるように…ヘッドライト

暗い夜や、暗い場所で、灯りがあることは
危険を避ける上で、とても重要!
水が来ている、穴が開いている、逃げられる場所はどこか…
判断して、避難行動を取ること、
避難先での灯りとしても有効に使えます。

この時、懐中電灯を用意してしまいがちですが
逃げる時は、両手を開けておくことで

・子どもを抱っこや手を引いて逃げられる
・より多くの荷物を持てる
・高いところに上るなどの際、何かをつかんでより安全に

などが可能になります。

Nikatto ヘッドライト ヘッドランプ+多機能収納ボックス 5つモード 赤色付き IPX6防水 単4電池式 小型 軽量 登山用 星空撮影 (黒/一個セット)

新品価格
¥1,199から
(2018/12/17 11:48時点)

ヘッドライトなら、軽くて常備できますし
夜道にバッグの持ち手などに
かけておけば、意識が高いということで
防犯対策につながることでしょう!

暗くなるまで、習い事があるお子さんたちも
ぜひ、導入してされては?と思います。


居場所を知らせる…笛

緊急防犯笛ヘルピー ピンク

新品価格
¥255から
(2018/12/17 11:19時点)

続いては、防犯に、防災に…
困った時に、小さな力で誰かに知らせる「笛」

よく学校やスポーツなどで使われる
中に玉がある笛は、唾液や雨で塗れると
音が出なくなります。

しかも、玉がある分、労力も要します。


こちらの「ヘルピー」は、例えば
震災などで、がれきに囲まれて出られなくなった時など
長時間、居場所を伝えるために吹き続けることを想定して
作られたものです。

連絡先や血液型も書けるような工夫がされています。


皆さんも、お子さまたちもぜひ、
かばんの中に、入れておいておかれると良いのでは?と思います!!


ほかに、

携帯バッテリー
携帯カイロ
小銭(10円玉・100円玉)→公衆電話対策
常備薬
お水・アメ(飴)やクッキーなどのお菓子
ポケットウェットティッシュ(除菌タイプ)
携帯トイレ

など、入れておくと良いですね!!


まだ過不足あるような気もしますが
気付きがあれば、またお知らせします!!

こうしたグッズはもちろん、いざという時に
命を守るために役立つグッズやスキルを
伝えてくださっているのが

アウトドア流防災・減災アドバイザー
あんどうりすさん。

こちらの本で、そのスキルを学ぶことができます。

りすの四季だより

中古価格
¥1,208から
(2018/12/17 14:13時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!