BLOG 宇宙を学ぶ意味

阪神淡路大震災の日…生き抜く力を!

今日は、1月17日
1995年に、阪神淡路大震災のあった日。

当時、関東に住んでいた私は、
小さな我が子を連れて、実家へ帰省し
広島県内で突き上げるような衝撃を感じ
飛び起きて、隣で寝ている我が子に
覆いかぶさって、モノの落下に備えたのを
今でもはっきり覚えています。


あの震災で、亡くなられた皆さんの
ご冥福をお祈りするとともに
被災体験後の時間を、ここまで無事
生き抜いてこられた皆さんに、
心からエールをお送りしたいと思います!

手作りみつろうキャンドル

 

皆さん、こんばんは!

子ども宇宙アカデミー いとうです。

子ども宇宙アカデミーの受講者の皆さんと一緒に
宇宙を学んできましたが
この宇宙の中にあるひとつの小さな星である地球、
そして、そこに生きる私たちの生命の稀少性を
学ぶたびに、しみじみ感じるのです。

 

唯一無二の私たちの星、地球、
そして、唯一無二の私たち
ひとりひとりの生命!

その大切さを、宇宙を学びながら
感じ取って欲しい。

 

それが、子ども宇宙アカデミーを
私、いとうが踏ん張りながら継続している
ひとつの大きな理由なのです!

 

「生き抜く力」

自然を知り、原理を知り
「自分で考え、行動する力」を持つことで
いざという時に命を守るために行動ができること

生命の大切さを知り、
いざという時に、パニックになったりしない
「人としての心」を持った行動ができること

そんな力を育むことを目指して
親子で宇宙を学ぶことを
2018年も継続していけることになりました! ^^

良かった!! ^^

 

先日も、ペルー沖で、M7クラスの地震が発生しましたね。
地球の各地で、大きな地震が起こっていますね!

こちらのサイトで、世界の地震発生状況を
ひと目で見ることができます。

時折、確認してみましょう!

 

そして、こちらのページでは、
私の尊敬する防災の師匠!
「あんどうりす」さんの防災スキルが
たくさん紹介されています。

そのスキルを、昨年本にまとめられました!

りすの四季だより


あんどうさんご自身も、
阪神淡路大震災を経験され
その経験に基づく具体的なお話は、
今、すぐできる対策術がいっぱいです!

 

この星の、この国土で生きるために
改めて、備えを確認をしたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ