世界宇宙飛行の日 を記念して…

4月12日は、「世界宇宙飛行の日」
International Day of Human Space Flight

2011年4月7日、国連総会において
国際的なレベルで、毎年
「人類の宇宙時代の始まり」を祝うため
4月12日を「国際有人宇宙飛行の日」と
宣言したのだそうです。

1961年4月12日、ユーリィ・ガガーリンが
世界初の有人宇宙飛行に成功しました。

その丁度20年後の1981年4月12日には
スペースシャトルが初フライト。

また、1955年4月12日には、
日本のロケットの父
糸川博士が、ペンシルロケットの
水平飛行に初成功したのだそうです。


「初」というのは、なかなか
勇気と決断が必要なこと…ですから
4月12日を、記念日として
先人たちの偉業をたたえるのは
意味のあることかと思います。




日本のロケット開発は、
有人宇宙飛行は、実現できていませんが

宇宙への物流面の活躍は、
皆さんご存知の通り。

新しいロケット、H3ロケットの始動も
楽しみです!!



この、4月12日の「世界宇宙飛行の日」を
記念して、子ども宇宙アカデミーでは、
子どもたちとともに、宇宙飛行を考え、
チームでのミッション達成を図るイベントを
4月10日(日)に開催します。


宇宙飛行について知り、

間もなく宇宙へ出かける予定の
会社員で宇宙ビジネスコンサルタント
稲波紀明さんから、オンラインで
お話をお聴きします。

10:30~10:50頃(約20分間の予定)

(株)船井総合研究所 稲波紀明さん

講師: (株)船井総合研究所 稲波 紀明さん
大学・大学院と、宇宙物理学を学ばれました。
シニアプロフェッショナル。士業、飲食業、製造業のコンサルティングに従事。現在、コンサルタントとしてマーケティングや業績アップを図っておられます。
2005年にヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行に申し込み20万ドル支払い、世界で最初の宇宙旅行者100人に選ばれます。
今年、人工衛星をスペースX社経由で打ち上げに成功。人工衛星を打ち上げたい方を募集中!
また、宇宙ビジネスサロンも運営されています!


実は、アカデミー生たちの「夢」の短冊を
SPACE X社のファルコン9に載せて、
宇宙へと届けてくださった方のおひとりが
稲波さんだと、私も、打ち上げ後に
知ったのでした。

ペイロードに搭載された衛星や
打ち上げの中継は、こちら!!

貴重な機会をいただき
ありがたい限りです!!

搭載いただいた短冊の一部 夢がいっぱい!


また、稲波さんは、大学・大学院と
宇宙物理学を学ばれているとか…

そのあたりも、子どもたちも
保護者の皆さんも、気になるところ
ではないでしょうか?

ぜひ、直接お話をお聴きしてみましょう!!


お話の後は、チーム対抗ワークショップ。

また宇宙飛行に於いて欠かせないのが
チームワークですね!

宇宙船地球号の上でも、私たちは
争いではなく、力を合わせることで、
この星で生き続けることを
考えることが大事ですね!!

チーム対抗で、飛行物体を作って
宇宙飛行ミッションを達成する
ワークショップを行います。

ミッション達成チームには
賞品も…!!

目指せ、ミッション成功!!

昨年のグループワーク


本イベントは、終了しました!!
ご参加いただいた皆様、
ありがとうございました!!

因みに、ユーリィ・ガガーリンさんが
生まれたのは、wikipediaによると
1934年3月9日、
丁度、私の亡き父と同じ年でした…。
初飛行当時は、27歳だったそうです。


今年は、若田宇宙飛行士がISSへ、
そして、稲波さんのフライトにも
注目して、みんなで応援しましょう!!


皆さんが宇宙へと出かけていく日も
近い…かな…!?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ記事