ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

日本時間の12月25日(土)21:20 (7:20 a.m. EST) には
大注目の、「ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡※」の打ち上げ予定。
※James Webb Space Telescope:JWST

フランス領ギアナの、ギアナ宇宙センターから
Ariane 5ロケットにて、打ち上げられます。


約20年の時と1兆円を超える予算がつぎ込まれた
次世代宇宙望遠鏡。

まずは、その姿を見てみましょう!!

打ち上げ後、宇宙でどのように展開されるのか
動画が公開されています。

 

なかなか複雑な形ですよね。
これが、時間も予算もかかった所以(ゆえん)なのかもしれませんね。


現在運用されている、ハッブル宇宙望遠鏡の後継機として
宇宙を観測する役割を期待されていますが、

それ以上に、この望遠鏡では、
宇宙のより遠くが観測できるように
地球を周回しているハッブル宇宙望遠鏡よりも
さらに遠くまで出かけて観測をします。

それが、先のNASAの季節の挨拶動画にもあった
L2(ラグランジュ点)という位置。

地球からの距離、約150万km

静止衛星よりもさらに遠い
地球と太陽と、重力の影響が丁度釣り合う場所から
観測し、地球へデータを送信します。

そして、これまででは観測し得なかった
様々なことを観測し、研究に活かされる予定です。

天文学者の皆さんが、この宇宙望遠鏡の運用を
心待ちにしているという訳です。

詳しくは、また改めて!!


まずは、James Webb Space Telescopeの打ち上げライブを
こちらから、視聴してみませんか!?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!