宇宙の話をしよう!(小野雅裕さん新刊)

10月26日(日)に開催した Yuri’s Night 広島 にて

NASA JPL の、火星探査ローバー パーサヴィアランス
開発者のおひとり、小野雅裕さんにお話いただきました。

その小野雅裕さんによる、子ども向けの本

「宇宙の話をしよう」 が、11月20日 発売されます。

Amazonでは、現在予約受付中!
表紙画像が、更新されていました!!

ワクワクする素敵なデザインですね!!

このデザインには、とても大きな意味があるのです。
(それは、読んでみてからのお楽しみ!)

宇宙の話をしよう

新品価格
¥1,650から
(2020/11/19 11:44時点)

じつは、子ども宇宙アカデミーの有志の親子さんたちが
この本の制作に、ちょっとだけ関わっておられます。

ほんのちょっとだけお手伝いさせていただきましたが
当アカデミーの名前まで、末尾でご紹介いただきました。

小野さんには、感謝するばかりです!!

そんな訳で、出版前に、原稿を拝読したのですが…
子ども向けの本…ですが
大人が読んでも、とても良い応えのある
内容がぎっしり詰まった本です。

ストーリーは、NASAの技術者のパパと
恒星間飛行をして、系外惑星へと
旅をしたいと夢見る12歳のミーちゃんとの
ある日のやり取り。

そこから、宇宙開発の歴史と
宇宙物理のお話が、展開していきます。

中高生にも、良い勉強になるかもしれません。

子どもだまし…ではなく、
宇宙好きの子どもたちが、がっつり学べる内容の本、

宇宙の話をしよう!


ご家庭や学校、地域の図書館にぜひ!!



小野さんの、これまでの著作は、こちら!!

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八

新品価格
¥642から
(2020/10/30 18:41時点)

宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由

新品価格
¥1,109から
(2020/10/30 18:42時点)