BLOG

【レポート】6月の子ども宇宙アカデミー

皆さま、こんにちは!事務局いとうです。

6月の子ども宇宙アカデミー
ベーシック・コースのテーマは、「世界はカレンダー」でした。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます!

私たちが当たり前のように使っている「カレンダー」は
どのようにできているのか?

1年はなぜ、365日なのか?
それは、いつから?どのように決まったのか?
世界の色々なカレンダーはどのようになっているのか?

日本の昔の時の刻み方と今の刻み方との違いは?

など、お話をお聴きしていきました! ^^

2016.06.19

そう!明治以前の時の刻み方は、ちょっと違うんですよね!
これは、電灯のない時代ならでは…でしょうけれど、
なかなか良く考えられています! ^^

LOHASな時代、時の刻み方を戻せば、
もっとエコで健康的なライフスタイルを取り戻せるでしょうか???

時刻を知る日時計づくりにも、チャレンジしていただきました!

会場には陽光が入ってこなかったので
実際に合わせてみることができませんでしたが…

参加者の皆さま、実際に時を合わせてみていただけましたでしょうか?

使い方など、不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

アドバンス・コースでは、「宇宙を解く」本格クイズにチャレンジ!
四則演算ができる小学4年生以上を想定した内容になっていますが
低学年のお子さんたちも、しっかり頑張って答えています!

IMG_0380

すごいなあ~‼

私も解いてみましたが、これまでの講義を受けていると
ちゃんと理解できているのが分かりました!

講師の山根館長の技!ですね!

そう、小学生も中学生も、保護者の皆さんも、
4月からこれまでの受講成果を確かめて
満足そうでした♪

これからさらに、次のテーマを解いていきましょう♪

次回は、7月10日(日)幟会館(広島市中区八丁堀)にて開催です!

ベーシック・コースのテーマは、「マイ望遠鏡づくり」

宇宙をひも解くための大発明!「天体望遠鏡」について知り
天体望遠鏡づくりにチャレンジしましょう♪

夏休みの月の観察にもってこいです!

詳しくは、こちら!

お申し込み、お問い合わせは、こちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「子ども宇宙アカデミー」をフォローしよう!

おすすめ