日食について学ぼう!(次に見られるのは、10年後)

2020年6月21日(日)は、「夏至」
昼の時間が、一年で一番長い日、ですが

夕方には、日本全域で「部分日食」が見られます。

広島では、
「食の始まり」が、16:02頃
「食の最大」 が、17:09頃
「食の終わり」が、18:09頃

最大で約半分、太陽が欠ける部分日食です。
(※国立天文台 暦計算室のデータ参照)


次に広島から「日食」が見られるのは…
2030年6月なんと10年後!!

だからこそ、この機会に「日食」について
しっかり学び、当日しっかり楽しみたい!!

・そもそも、日食って? 
・今回の部分日食は、どんな風に見えるの?
・日食の楽しみ方 について、

子ども宇宙アカデミー講師を務めていただいています
呉市かまがり天体観測館 山根弘也館長から
学びましょう!

そして、観察のためのグッズを使って、
安全に観察するための練習しましょう!



部分日食当日には、例年ですと、
様々な施設で観察会が開催されますが、

今年は、今後の感染症の流行状況次第では
中止になることも考えられます。

そこで、しっかり「日食」について学び、
安全な太陽の観察の仕方を学び

ご家庭でも観察できるように
しておきましょう!!

※2023年に起こる日食では、
沖縄など南へ行けば、
小さな部分日食が見られるそうです。

実施要綱
日 時:2020年6月14日(日)10:00~11:30
会 場:合人社ウェンディ ひと・まちプラザ
参加費:小学生以上おひとり 1,500円 
   (アカデミー会員の方 1,000円)
教材費:500円
定 員:先着10組 

お申し込みは、下記フォームよりお願いします。

※日程表記に誤りがありました。修正しております。
 大変失礼いたしました。


※感染症対策として、定員60名超のお部屋で
 間隔を取ってお座りいただきます。 

※入室前に、石鹸での手洗いをお願いします。
※マスクの着用など咳エチケットなど、
 感染予防対策へのご協力をお願いします。

※テーブル・椅子は、事前にアルコールスプレーをしております。