子ども宇宙アカデミー

1年を通してプロに学ぶ!本格宇宙講座

第5回スペシャル講演会

本講座は、終了しました!


11月と2月 2度に渡って、
子ども宇宙アカデミー
「スペシャル講演会」を開催!!

講師は、広島大学宇宙科学センター 初代センター長
NASA フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡
ガンマ線センサーの開発者
広島大学 名誉教授 大杉 節さん。

2018年2月25日には、
NASAフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡とNASAの仕事術
をテーマにお話をいただきました。


今回は、生命にとって「危険がいっぱいの宇宙環境」
「生命を育む特別な星 地球」について
お話とワークから学んでいきましょう!


上記画像のロケットは、
「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」を搭載した
「デルタII7920-H ロケット」の打ち上げの様子。

フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡のポスター


2008年6月11日 16:05 GMTに打ち上げられ、
2008年8月に運用開始。

今も、高エネルギーのガンマ線検出に活躍しています。

この機会にぜひ、お話をお聴きしましょう!


第1弾:2018年11月11日(日)9:50~15:00
生命を育む特別な星「地球」と 地球を取り巻く「宇宙」

 放射線測定のフィールドワークも!


第2弾:2019年2月(日)13:00~14:30
「宇宙に出る前に 国境を越えて活動・活躍しよう」


場所:広島県民文化センター

対象:小学生の親子・中高生
定員:先着20名様 要予約

© 2019 子ども宇宙アカデミー

テーマの著者 Anders Norén