~隕石や「はやぶさ」サンプルから分かること~


昨年も、夏休みに広島にお越しいただき、お話くださった 大阪大学大学院理学研究科  宇宙地球科学グループ 教授 寺田健太郎さんが、この秋、再び広島へ!!

今回は、 「太陽系の年齢の求め方 ~隕石や「はやぶさ」サンプルから分かること~」について、お話とワークを通して学びます。


寺田教授を始めとするグループは、「はやぶさ」(初号機)が持ち帰った
小惑星「イトカワ」のサンプルを分析。

「はやぶさ(初号機)」が持ち帰った微粒子は
「約46億年前に結晶化し、 約15億年前に変成を受けた」

と特定されました。

それは、 世界初の「地球近傍小惑星の年代特定」

2018年8月7日、 つまり、昨年の子ども宇宙アカデミー「スペシャル講演会」の後、イギリスの科学誌「Scientific Reports」に掲載され、日本のマスメディア各紙・各局でも大きく報道されたのです。

日経新聞にこの時の記事が残っています。


この分析に使われたのが、実は私たちの身近にある「放射線」

決して特別なもの、ではなく、宇宙の中にはたくさんの放射線が飛び交っていて、地球の大気圏から出ていくためには、この放射線の影響抜きで考えることはできません。



放射線を使った「隕石」や「はやぶさのサンプル」の分析とは…

一体、どのようなものなのか…?
★どうして年代が特定できるのか…?


寺田教授のお話とワークで学んでいきます。


そして、「太陽系の年齢」を求めていきましょう!

※サイコロを使って、グループで取り組むもので、 低学年のお子さまから中高生まで、参加していただけるものです。


現在、 小惑星「リュウグウ」上空を周回中の小惑星探査機「はやぶさ2」は、2回のタッチダウンに成功。「リュウグウ」の地表のサンプルと、インパクタで少し削った地中のサンプルとを採取しました!

なぜ、インパクタで穴を掘ってまで「地中のサンプル」を採取したのか。

そこには、「はやぶさ2」のミッション達成に欠かせない大きな理由がありました。

持ち帰られる「リュウグウ」のサンプル分析にも期待されるこの分析法を、考案されたご本人から直接学べるチャンスです!

そして、皆さんは「太陽系の年齢」を求めることに、成功できるでしょうか?

ぜひ、チャレンジしてみましょう!

開催要綱

日時:2019年10月5日(土)15:00~16:30
会場:広島県民文化センター
定員:お申し込み 先着30名様

参加費:会員の皆さま おひとり1,000円
    一般の方  おひとり1,500円
教材費:400円(ひと組)

お申し込みは、こちらから!!