子ども宇宙アカデミー

1年を通してプロに学ぶ!本格宇宙講座

夏休みスぺシャル、予定通り開催!

皆さま、こんにちは!
子ども宇宙アカデミー いとうです。

大変な1週間でしたね。

お子様たちも、身近で起こったことの大きさに
落ち着かない日々を送られていることと思います。

 

どんな状況の中でも、子どもたちの「遊び」
「明日への活力」になることでしょう。
こんな時こそ安全を確保しながら、ささやかでも
「遊び心」を発揮できたら…と思います。

私自身も、泥をかき出しながら
夕暮れから見られる「金星ー木星ー土星ー火星」
惑星ショーを見上げて、明日への希望をもらっています。

夕暮れ時に見えているのが、宵の明星「金星」
その頃、正午に太陽が昇っているあたりに見えるのが「木星」
少し左下に、かすかに見えるのが「土星」

遅れること数時間、深夜に高く昇ってくる
ひときわ赤い星が、「火星」です。

親子で太陽系の仲間たちを見上げてみませんか?
みんな同じ空を見上げています。

そして、太陽系の仲間たちへの「知的好奇心」を、
発揮していただいて、「未来への力」に変えて欲しいと思います。

陸地を観測している人工衛星「だいち2号」のデータを比較し
その変化を分析するために、各自治体にデータを送っているそうです。

今後の防災・減災にも、活かしていただきたいですね!

 

幸い、講師のお二人も、こんな時にも
広島での講演会に、協力を申し出てくださっています。

 

7月22日(日)の「夏休み宇宙スぺシャル」は、
予定通り開催させていただきます。

 

10:00~11:30
今、火星が熱い!~15年ぶりの火星大接近~

講師:呉市かまがり天体観測館 山根 弘也館長

 

13:00~14:30
月の科学の最前線 ~月と地球のビミョーな関係~
講師:大阪大学大学院 理学研究科 宇宙地球科学専攻
寺田 健太郎教授

会場:広島県民文化センター

参加費:高校生以下 おひとり  500円
18歳以上  おひとり1,000円

※大人の方のみのご参加も可能です。

お申し込みは、こちらのフォームにご記入の上、送信をお願いします!

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 子ども宇宙アカデミー

テーマの著者 Anders Norén