科学研究のススメ・サポート法

6月も間もなく終わり!
夏休みの足音が聞こえてきます。

今年は、全市的に夏休みが短くなっているようで
びっくりしました。

夏休みの開始が遅く、終了も早いようで・・・。

時代のニーズということでしょうか?

子どもの成長には、夏休みがたっぷりある方が
色々な体験ができて良いような気がしますが…。

 

さて、夏休みといえば恒例の宿題、「自由研究」。

中でも、広島では「科学賞」として
その研究内容に応じて表彰されるようになっていますので

いわゆる「自然科学」の分野での研究が
課題の1つとなっています。

強制ではないので、やらない方も多いでしょう。

保護者がいかに関わるか、という点でも
迷われる方も多いかと思います。

そんな、子どもの科学研究ビギナーズの方のために
・科学研究をおススメする理由、
・保護者として、いかにサポートするか

そのヒントを、お話していきます。

 

大学入試の変革が目指すもの、
時代のニーズを考えても、
また、子どもたちが、自分で考え、
未来を切り拓く力を育むためにも

「科学研究」にぜひ、取り組まれては…と思います!!

 

研究のネタになりそうな体験企画も
同時開催!

 

この機会にぜひ、一度、見直して
取り組んでみませんか?


「科学研究のススメとサポート法」

日時:2018年7月1日(日)9:20~10:30
7月8日(日)9:20~10:30

会場:広島県民文化センター

参加費:1,000円

定員:各回15名

 

お申し込み、お問い合わせは…